Kuo氏、iPhone 11は双方向ワイヤレス充電機能、Apple Pencilのサポートも共になしと予測

Kuo氏、iPhone 11は双方向ワイヤレス充電機能、Apple Pencilのサポートも共になしと予測

双方向ワイヤレス充電機能

後、約12時間後に開催されるApple Special Eventに先立ち、著名アナリストのMing-Chi Kuo氏は最新の投資家メモでAppleは双方向ワイヤレス充電をサポートしないと予測しました

数カ月前から噂の在った双方向ワイヤレス充電は、充電効率がAppleの標準に達していないため、AppleはiPhone 11からテクノロジーを廃棄することを決定したとしています

新しいiPhoneに双方向ワイヤレス充電が搭載されていない場合、残念ながら外出中にAirPodsとApple Watchを充電することができなくなってしまいます

スポンサーリンク

Apple Pencilのサポート

同氏はまた、新しいiPhoneには引き続きLightningコネクタが付属し、Apple Pencilをサポートしないことを確認しています

期待できること

Kuo氏はハイエンドのiPhoneに高速充電用の18W USB-Cアダプターが同梱されることを期待しています、749ドルのiPhone XRの後継機には、5W USB-A電源アダプターが同梱されます

昨年、iPhone XSを搭載した18W高速充電器を含むAppleの噂もありましたが、それは起こりませんでした

しかし今年、新しいiPhoneにはより大きなバッテリーが搭載されるため、Appleが18Wの高速充電器を同梱していることは理にかなっています

新しいiPhoneのハイライトは、ウルトラワイドバンドテクノロジーが含まれることです

これにより、これらのデバイスでの屋内ナビゲーションとマッピングエクスペリエンスが大幅に向上し、さらに、Appleのタイルのような追跡タグであるAppleタグの検索にも使用されます

革新的な販売機能がないため、Kuo氏は新しいiPhoneの販売が5〜10%減少して約6,500〜7,000万台になると予想しています

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)