アナリストは、Appleが2020年度に新しいiPhoneを最大2億台販売する可能性を見る

アナリストは、Appleが2020年度に新しいiPhoneを最大2億台販売する可能性を見る

Reutersによるとウォールストリートのアナリストは、Appleは既存のユーザーが古いデバイスをアップグレードして最新のiPhoneを最大 2億台販売する可能性があり、その需要の多くは貿易戦争が続いているにも関わらず中国から来る、と述べています

アップグレードサイクルは、Appleが前回の発売に苦労した中国でのアップグレードで、今後12か月で約1億8,000万台のiPhoneユニットが約6,000万から7,000万人の消費者に販売される可能性がある、とWedbushのアナリストは語っています

Appleは現在、世界で約9億台のアクティブなiPhoneを所有しており、2017年以降のiPhone Xの発売の緩慢な販売と価格の比較的厳密な制御の組み合わせにより、以前に延期してきたユーザーからの需要が促進される可能性があると、複数のアナリストは語っています

スポンサーリンク


彼らは、アップグレードの準備が整ったiPhone 6以前のモデルが2億台あると推定しました

アナリストやその他の業界ウォッチャーは、Appleが5.8インチのiPhone 11 Pro、6.5インチの11 Pro Max、および低価格の6.1インチ11Rの3つのスマートフォンを発売することを期待しています

基本モデルの価格は749ドル、iPhone 11 Proは999ドル、iPhone Pro Maxは1,099ドルで、昨年の価格とほぼ変わらず、販売量を増やすためにデバイスの潜在的な関税を含めないことを選択しています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)