タブレットマーケット2019年第2四半期、売上5%減の中AppleとAmazonのみ増加

タブレットマーケット2019年第2四半期、売上5%減の中AppleとAmazonのみ増加

タブレットマーケットシェア

2019年第2四半期でタブレットの売上が増加したのは、僅かにAppleとAmazonの2社のみで、2社以外は全て減少しています

iPadは世界で販売されているタブレットシェアの38.1%を占め、前年比で4%の伸びを見せ、Appleはタブレットマーケットで優位性をさらに高めました

市場調査会社IDCによると、第2四半期に出荷されたiOSタブレットは1,230万台で、2018年の同じ期間と比較して6.1%の増加です

Appleは販売するタブレットの販売数を明らかにしていませんが、同社はiPadは第2四半期に50億ドル(8%増)を稼いだと述べています

Tablet Market Share 00001 z

スポンサーリンク


IDC は、Apple スマート コネクタを使用したモデルを取り外し可能なモデルとして分類します

これらのデバイス、特にiPad Proはラップトップを頻繁に使用し、Microsoft Surface ラインと真っ向から対決します

IDCは「取り外し可能なiPad Airの発売により、Appleは取り外し可能なタブレットの出荷台数を倍増することができた」と述べています

今春リリースした10.5インチiPad Airは、スマートコネクタを搭載した初のAirです

しかし、これらのアナリストがスレートに分類する、Appleのより基本的なタブレットは、「新しいiPadは2018年に発売されたのと同じアップグレードの勢いを維持できなかったため、スレートiPadは前年比7.5%減少した」とiDCは述べています

Amazon、Samsung、その他

Amazonも好調で、出荷台数は前年比で46%増加し、2018年第2四半期の160万台から2019年第2四半期には240万台に増加しています

Samsungは、出荷台数は3.1%減の490万台、Huaweiは330万台ので6.5%減でした

(Source IDC , Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)