Appleのサプライヤーであるシャープはベトナムに生産の一部を中国から移管

Appleのサプライヤーであるシャープはベトナムに生産の一部を中国から移管

ベトナムへ移管

Apple のiPhone用のセンサー、カメラモジュール、スクリーンを製造するSharpは、来年4月から始まる会計年度からベトナムの新工場でフラットスクリーン、電子機器、空気清浄機を製造すると発表しました

シャープの幹部によると、同工場では、顧客からの依頼があれば、生産の一部を中国から移管することが可能になると述べています

米国の関税の追加支払いは、シャープにとってより大きな苦痛をもたらす可能性があります

これは、すでに予測通りの輸入関税がスマートフォンコンポーネントの売上を減少させたため、四半期予想利益の予想を41%下回りました
Betonam 00001 z

スポンサーリンク


急激な貿易紛争の中、製造拠点の多様化を目指して、中国での生産量削減と低コスト国への移行を模索しているグローバル企業が増えています

シャープの親会社のFoxconnは、中国の新しい88億ドルのディスプレイパネル工場の売却を模索している伝えられています

また、ソニーは、北京のスマートフォン工場を閉鎖する計画を発表しました、一方サムスン電子は、中国の携帯電話工場の1つで操業を停止しています

任天堂はまた、Switchゲーム機の生産の一部を中国からベトナムに移管することを計画しています

(Via Reuters.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)