写真家のレイチェル・ショート、iPhoneでシンプルの美しさを探る – Apple Newsroom –

写真家のレイチェル・ショート、iPhoneでシンプルの美しさを探る – Apple Newsroom –

レイチェル‧ショートは物事をシンプルに捉えるのが好きです

28歳になった2010年のハロウィンの夜、ショートはカリフォルニア州道1号線で起きた自動車事故で脊髄を損傷しました。診断結果は脊柱の第5頚椎骨折で、彼女の四肢は麻痺してしまいました

ショートが左手で自分の鼻に触れるようになったのは入院後60日目で、両腕で何かを持てるまで回復するには丸一年を要し、むろんカメラは持てませんでした

そして入院中に、今後障がいが残る彼女にも使いやすいだろうと、iPhone 4を親友が贈ってくれました
Short 00002 z
「iPhoneを持てる程度に十分な腕の強さを持つには、約1年かかりました、iPhoneは事故後に私が使い始めた最初のカメラで、それ以来使い続けている唯一のカメラです。とても素敵で軽いし、小さくて使いやすいですから」とショートは思い返します

スポンサーリンク


ショートのの創造的なプロセスは、デジタル的に合理化されたモバイルなものに変わりました
Short 00001
彼女は次のように述べています

自分で4×5大判カメラを持っていたこともあるし、中判カメラや35mmカメラも使っていましたが、普段扱うには複雑でした。でも今は撮影するイメージに時間を割いて、技術的なことや撮影機材についてあまり考えずに済むようになりました。iPhoneのおかげで集中できるんです

また

テクノロジーは大きく進化しました。そのおかげで、障がいがある人や移動が難しい人達にも非常に多くの可能性をもたらしました

とショートは言います

(Via Apple.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)