Apple WWDC 2019でBloombergが予測する macOS 10.15

Apple WWDC 2019でBloombergが予測する macOS 10.15

6月3日から開催されるAppleのWWDCをBloombergがiOS 13、watchOS 6、およびmacOS 10.15を予測しています

macOS 10.15

今年Macに来る最大の変化はラップトップとデスクトップでiPadアプリが走る能力です

Appleは初めて、iPadアプリを開発した開発者が自分のアプリを作り直して、そのソフトウェアをMacで実行できるようにします

これは開発プロセスを単純化しようとしている開発者にとっては有用ですが、いくつかの新しいアプリケーションでmacOSアプリのエコシステムを活性化します、それでも開発者はAppleのiOSとMacのApp Storeに別々のバージョンのアプリを提出する必要がありますが、新しいソフトウェア開発キットは、基礎となるコードを2回書く必要がないことを意味します

Appleは、iPhone、iPad、およびMacの各アプリケーションを、どのAppleデバイスでも実行できる単一のダウンロードに統合することを目指しており、最終的には、App Storeもマージする可能性があります

スポンサーリンク

  • Appleは今年、独自のiPadアプリをMacに持ち込むことを計画しています、Podcastsアプリと、iOS 13から新しく統合された「iPhoneを探す」と「友達を探す」アプリ
  • 標準のMacプログラムとして開発されている新しいApple Musicアプリ
  • Macに付属している他の自社製ソフトウェアは、メッセージアプリの効果とステッカー、Siriショートカットアプリとの統合。新しいリマインダーアプリ、そしてApple Booksへのアップグレード

開発者会議はソフトウェアに焦点を当てていますが、同社はイベントで新しいハードウェアの発表を振りかけることがよくあります。今年、Appleは刷新されたMac Proデスクトップコンピュータのデビューを検討しています

また、高ダイナミックレンジをサポートする、コード名J290の新しい外付けモニターも用意されています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)