Apple WWDC 2019でBloombergが予測する watchOS 6

Apple WWDC 2019でBloombergが予測する watchOS 6

6月3日から開催されるAppleのWWDCをBloombergがiOS 13、watchOS 6、およびmacOS 10.15を予測しています

watchOS 6

  • App Storeを直接Apple Watchに追加し、ユーザーは外出先でアプリをダウンロードでき、機器の独立性が高まります
  • iPhone、iPad、およびMacからVoice Memosアプリを提供し、ユーザーがApple Watchからボイスメモを録音できるようにします
  • iPhone から同期するデバイスにアニ文字とミー文字のステッカーを追加することを計画しています
  • Apple Watchでオーディオブックを聴くためのApple Booksアプリと、計算機アプリもあります
  • 2つの新しい健康関連のアプリがあるでしょう、1つはピルリマインダのためにApple内で「Dose」と呼ばれ、もう1つは月経周期を追跡するために「Cycles」と呼ばれます
  • スポンサーリンク

  • 単に時間を超えた情報の追加のスニペットを表示する「コンプリケーション」、より多くの文字版、オーディオブックの状態を示すもの、補聴器のバッテリ寿命を示すもの、そして降雨音や雨のデータを測定するものがあります
  • ユーザーが選択した色からグラデーションを見えるようにする「グラデーション」文字版、異なるフォントと色でジャンボ番号を表示する少なくとも2つの新しい「X-Large」文字版、「California」の文字盤は、古典的な時計の文字盤とアラビア数字を組み合わせたローマ数字、日時計のように再設計された「ソーラーアナログ」の文字盤、株価チャートや天気のようなより複雑なコンプリケーション表示を含む新しい「インフォグラフサブダイヤル」の文字盤を追加します

(Via Bloomberg.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)