ケンタッキー大学は、新しいSmart Campusデジタル戦略の一環としてiPadを新入生に提供

ケンタッキー大学は、新しいSmart Campusデジタル戦略の一環としてiPadを新入生に提供

この秋から、ケンタッキー大学は、新しいSmart Campusデジタル戦略の一環として、新入生にiPad Air、Smart Keyboard、およびApple Pencilを提供する予定です

学習のための技術

大学は、学生が多くの人生と学習課題で成功するのを助けるために技術を使うことを目的とすると言います

iPad には、学生が高いレベルの学業成績を達成し、次のような人生の課題に対処するために選ばれた、iOSアプリがプリロードされています

  • 学生の精神的、肉体的、そして経済的な健康を向上させる
  • 高校から大学への移行を容易にするために
  • デジタルキャリアポートフォリオを作成、保存する
  • 教室の内外でデジタル格差を除去する
  • コーディングとアプリ開発のスキルを向上させる
  • コミュニティと学生を結びつけるために

スポンサーリンク

デジタル格差を除去

このスキームに関して本当に重要なことは、大学が平等な競争条件を作り出そうとしているということです

最高の技術にアクセスできる学生よりも、すべての学生が同じ様にアクセスできるということです

大学のプレスリリースで次のように述べています

すべての学生にiPadを提供することで、キャンパス内、そしてより広く社会、特に職場でのモビリティの重要性を考えると、英国はすべての学生のためのテクノロジーで平等な競技場を創り出すために行動しています

なぜiPadなのか?

それはその強力なハードウェア、堅牢なアプリエコシステム、セキュリティ、プライバシー、およびその他すべての利点により、Appleはあらゆるユーザーにとって最適なプラットフォームとなります

Eli Capilouto学長は、この計画を次のように述べています

私たちの目標は、テクノロジーへの平等なアクセスを提供することです。このイニシアチブを通じて、私たちは、生徒がより革新的で創造的でコラボレーティブになるための無数の機会を創出することを望んでいます

スポンサーリンク

技術だけでなく戦略

教育の歴史では、ラーニングセンターが技術的な成果物をほとんど効果を持たずに学生に配布した例が散在しています

これらの失敗は通常、これらのソリューションがどのように適用されるかについての戦略的理解の欠如に起因しています

ケンタッキー大学ではそうではありません、eSportsイニシアチブの開発を含む、デジタルキャンパスイニシアチブのための何ヶ月もの間、土台を築いてきました

「私たちの生徒は、4年間、そして人生のほぼあらゆる面で iPad Air を使用します、私たちの目標は、教室で最初のキャリアやビジネスの開始に備えて、その技術の有効性を最大限に活用し、学生の成功のためのコミュニティを作成することです」とも述べています

(Via Apple Must.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)