Qualcomm、Appleとの和解金を45〜47億ドルと決算報告で発表

Qualcomm、Appleとの和解金を45〜47億ドルと決算報告で発表

和解金は45億ドル

Qualcommは本日、四半期決算を発表し、アップルとの最近の和解の一環として、来四半期に受け取るであろう収益の金額に関する詳細を発表しました

Axiosが指摘したように、Qualcommは「和解金からの現金払いと関連債務の解除」を含む、Appleとの和解による収入で45〜47億ドルを計上しています

AppleとQualcommは4月中旬に和解を発表し、すべての訴訟と訴訟を互いに棄却しました

当時のAppleは、和解にはAppleからQualcommへの支払いが含まれていたと述べたが、両社ともAppleが過去のロイヤルティを支払った金額についての具体的な詳細を明らかにしていませんでした

アナリストの見積もりによると、その数は約50億ドルから60億ドルにのぼりますが、Appleはそれほど多くの資金を投入していないようです

スポンサーリンク


AppleとQualcommとの契約には、6年間の直接使用許諾契約と複数年のチップセット供給契約も含まれています

これにより、Qualcommは将来のデバイス用にモデムチップをAppleに供給する予定です

Appleは、2020年のiPhoneラインナップに5Gモデムチップを必要としたため、Qualcommと提携するしか方法がなかったようです

AppleはもともとIntelチップの使用を計画していましたが、Intelは開発目標を達成できず、AppleとIntelの間で緊張が高まったとの噂がありました

AppleとQualcommが和解契約を発表してから数時間後に、Intelは5Gスマートフォンモデム事業を終了しており、5Gスマートフォンチップを製造することはまったくないと述べました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)