新しい Apple Card について知っておく 6つのこと

新しい Apple Card について知っておく 6つのこと

Apple Card

Apple Special Eventで発表された「Apple Card」は魅力的なアイデアがいっぱいで、今年夏に米国で発売される予定ですが、米国以外で発売される可能性は言及されていません

「Apple Card 」は、Apple Payの拡張機能であるAppleの新しいデジタルデジタルクレジットカードで、即時承認、最大3%のキャッシュバック、遅延のない罰金、および実質的に追加料金はかかりません
Apple Card 00002

1. 承認を受けるには資格が必要

プレゼンテーション中に、Appleは誰もがWalletアプリを開いてApple Cardを申請し、数分後にそれを使い始めることができるように見せかけました、それは多くの人に当てはまるかもしれませんが、Apple Cardの承認を受けるには資格が必要です

Appleは詳細を発表していませんが、資格を得る必要があることを明らかにしています

2. Apple CashアカウントがなくてもDaily Cashの報酬を得ることができ

Daily Cashは、Apple Cardをオンラインまたは店舗で使用するたびに、1〜3%のキャッシュバック報酬と呼ばれるものです

Apple Cashとは、VenmoやPayPalのようなピアツーピアの現金交換システムで、iOSを使って他の人にお金を送ることができます。これら2つの名前は将来統合される予定です

Appleは、 Daily Cashを受け取るにはApple Cashカードが必要だと言っていますが、Apple Cashアカウントを持っていない場合、 Daily Cashは明細残高の貸方として適用されることができます

スポンサーリンク

3. 無制限の Daily Cashの報酬には制限があり

Appleは、無制限のDaily Cashの報酬について、獲得できる現金の額に恣意的な上限はありません

理論上は制限はありませんが、信用限度を超えようとすればストップがかかります

与信限度額は、クレジットカードを発行する際の標準的な部分です

4. 利子の見積もりに目を光らせる

Apple Cardの機能の1つは、アプリを使ってあなたが使っている金額を追跡する機能です

月末に残高を返済しない場合は(日本でいうスキップ払いか)、支払う金額をアプリに通知できます、Appleのソフトウェアは利子費用を推定します

見積もりは、請求期間の終了前に未決済の取引およびその他の購入を行った場合、金利の見積もりには反映されません

延滞金には費用がかかります、Appleは支払いを延期することに対して延滞料が加算されます

スポンサーリンク

5. 金利は適用される

AppleはApple Cardを発表した時に金利については特に話しをしていませんが、Webサイトの脚注には記載されています

変動APRは、信用力に基づいて13.24%から24.24%の範囲です

6. ソフトウェアは変わるかもしれません

Apple Cardの契約条件は、今年の夏に発売される前に変更される可能性があるため、カードに申し込むことに興味がある場合は、申し込む前に契約条件を確認する必要があります

(Via CNET.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)