Apple、有名ななアーティストから何千ものApple Musicプレイリストにアートワークを追加

Apple、有名ななアーティストから何千ものApple Musicプレイリストにアートワークを追加

ここ数週間、AppleはApple Music内のプレイリストのアートワークを更新してきました、そして、The Vergeは、AppleのグローバルエディトリアルディレクターであるRachel Newmanからのインプットを用いて、その理由を明らかにした。

AppleはプレイリストのためのAC / DCロゴの創作者のような有名な芸術家からのオリジナルのアートワークをその内容に即座の認識をもたらすために、様々なコミュニティとより繋がりを深めています

Newmanによると、MigosのCultureアルバムカバーを作成したアーティストによって設計されたHip Hop Hitsプレイリストのための新しいアート、プレイリストのためのカスタムアートは「プレイリストの中にある音楽の視覚的表現」であることを意味します

特定の文化に根ざしていることは、Appleがアートの委託wする歳に強調したかったことです

スポンサーリンク


それぞれのジャンルにおいて、Appleはうまく適合して、そして以前にそのジャンルの範囲内で働いたことがある「巨大な名前」アーティストを選んでいます

たとえば、Migosのアルバム “Culture”のカバーをデザインしたStole “Moab” Stojmenovは、Appleの “Hip Hop Hits”プレイリスト用のアートを作成しました

ヒット曲「Despacito」のビデオを監督したCarlos Perezは、「DaleReggaetón」を含むいくつかのプレイリストのためにアートワークを作成しました

Perez氏は、Appleの自由のために、彼はアートワークを作成する際の信憑性を狙いとしていると述べました、これは、このプロジェクトに対するAppleの目標と思われます

Appleは「数千」ものApple Musicプレイリストを再設計することを計画しており、今後数カ月のうちに新しいアートワークが発表される予定です

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)