Apple、アプリ内サブスクリプションに関する開発者向けガイダンスを一新し明確化

Apple、アプリ内サブスクリプションに関する開発者向けガイダンスを一新し明確化

Appleは、Human Interface GuidelinesおよびApp Storeのドキュメントページに新しいページを追加して、アプリ内サブスクリプションに関する開発者向けガイダンスを一新しました

例えば、毎月のサブスクリプションの価格は明確に示されなければなりません、年間値引きまたは同様の広告コピーへの変換は、各更新期間に顧客が実際に支払う金額よりも目立たないようにする必要があります

開発者は、有料化/アップグレード 画面に含める必要があるものについてのルール、および購入を提示する方法が明確に定義されていないため、アプリ内サブスクリプションの実装に関するアプリレビューと頻繁に争っています

例えば、Appleはサブスクリプション購入フローの一番下に表示する必要がある細かい活字の完全なサンプルテキストを提供しています

現在の期間が終了する少なくとも24時間前にキャンセルされない限り、サブスクリプションは自動的に更新されます

スポンサーリンク


Appleの文書によれば、アプリケーションに新しいコンテンツが追加されたことを加入者に知らせても構いませんが、直接広告をロック画面に送信することはできません
App Subscriptions 00006 z
ユーザーが支払う実際の価格は、ページ上の最大のテキストフォントで表示する必要があることを強く示唆しています、年間サブスクリプションアプリは毎月の価格比較を提供することができますが、年間コストは際立っていなければならず、毎月の内訳は下位の位置とサイズで表示される必要があります

特に、Tinderのようなアプリは現在、トランザクションが実際には6ヶ月の期間のサブスクリプションのための52ドルの前払いであることを明確にせずに、「8.83ドル/ 月額」として6ヶ月のサブスクリプションを宣伝するので、これらのガイドラインを無効にします

サブスクリプションに関するApp Reviewの規則は変更されていません、これらの新しいページは、Appleがアプリの外観と動作を予測する方法について、もう少し明確に説明しています

(Via 9to5mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)