Appleの2番目の収入源のサービス事業は、今後厳しい状況に直面する可能性がある

Appleの2番目の収入源のサービス事業は、今後厳しい状況に直面する可能性がある

Appleの大きな収入源

Appleは2018年のiPhoneモデルの需要が低迷しているにもかかわらず、同社は継続的な成長のために自社のサービス部門に頼ることができると考えています

このカテゴリに含まれるビジネスには、AppleCare、Apple Pay、App Store、iTunes、Apple Musicなどがあります

AppleのCEOであるTim Cookは、同社のサービス事業は、世界で15億台にもなると考えられている、iPhoneの大規模な設置ベースから利益を得ると指摘しています

Appleは、2017年の300億ドルから、2020年までに500億ドルのサービス収入をあげるという目標を明確にし、2018年7月から2018年9月末までの3ヶ月間を含む2018年第4四半期に、サービス収益は四半期記録で100億ドルを突破しました

Appleはその目標を達成しようとしているようです

スポンサーリンク

もう一つの落とし穴

通常のサービス収入の一部として、AppleはiOS App Storeからソフトウェアを販売する顧客に対して毎月の購読の15%から30%を請求します、これは「Apple Tax」として知られている料金です

CNBCによると、AB BernsteinのToni Sacconaghi氏は、App Storeで購読を販売している企業が、「Apple Tax」を支払うことに反抗し始めているのではないかと心配しています

NetflixやSpotifyのような開発者たちは自分たちのiOSアプリを通して新しい購読者を受け入れることから変更しています
たとえば、音楽ストリーミングプロバイダーSpotifyに続いて、先月のNetflixは、新しいメンバーやサービスを終了した後に戻ってきたメンバーは、もはやAppleのエコシステム経由で購読することを許可していません

継続的な購読者は引き続きアプリ内支払いを行うことができますが、他の人はNetflix Webサイトにアクセスして参加(または再参加)する必要があります

Appleの最高財務責任者Luca Maestri氏は、NetflixはApp Storeの最大の開発者であるにもかかわらず、昨年の総サービス収入の0.3%未満しか貢献していないと指摘しています
言い換えれば、同社は開発者が「Apple Tax」を拒否することをあまり心配していないようです

Sacconaghi氏は、「不満」が高まっていることを恐れており、クライアントによる大きな反乱に発展する可能性があると伝えています

「Apple Tax」が、顧客に過大請求している独占の定義を満たしているかどうか、最高裁判所で進行中の訴訟の今後が大きく関わってくるのではないかとの懸念を示しています

(Via CNBC.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)