Apple、「Health」関連の求人が2017年以降に400%増加

Apple、「Health」関連の求人が2017年以降に400%増加

Appleが「Health」にフォーカスしていることは、なんら不思議ではありません、最新のApple Watch Series 4にはECGセンサー、加速度センサーを利用した転倒検出機能、多くのフィットネストラッキングなど複数の健康機能が含まれています

「Health」関連の求人が加速

Appleは健康技術に投資し続けるというあらゆる意図を持っているようです
タイトルに「Health」という用語が含まれている同社の求人は、2017年に着実に増加しており、この秋から冬にかけて加速しています
Health job 00001
Appleでの「Health」関連の求人の増加は2017年10月に始まり、Appleはタイトルに「Health」を含む求人は15件だけでしたそれが今や75件の求人となっています
この上昇は、新しいApple Watchと健康とフィットネスの追跡技術やアプリを含む新しいモバイルオペレーティングシステムの発売と同時に起こっています
Health job 00002

スポンサーリンク


Appleが採用している仕事の種類については、「Health Software – watchOS App Engineer」や「Clinical Health Informatist」などのタイトルを含む、「Software and Services」が多く32件の求人があります

「ハードウェア」カテゴリには、「Sensing Hardware EE(Health Sensing)」や、2018年11月5日以降に採用しようとしている、「次世代ヘルスセンサーアルゴリズムエンジニア」などの仕事が含まれます

健康技術の最終テスト段階

興味深いことに、「Health」キーワードセットの最近の求人情報の中には、QA(品質保証)のポジションも含まれています、これは、Appleがいくつかの新しい健康技術の最終テスト段階にあることを示している可能性があります
Health job 00005png
採用の傾向を考えると、Appleが製品ロードマップの一環として引き続き健康と健康センシングに投資することは明らかです

AppleのCEOであるTim Cook氏は、この16日にも Apple Watchのヘルスセンシング技術を誇りに思っていることをツイートしています


(Via Thinknum.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)