Appleは、スタッフに数十人の医師を抱えている

Appleは、スタッフに数十人の医師を抱えている

40~50人の医師を抱えている

Appleには数多くの医師がいて、さまざまなチームで働いています

医療技術を開発してApple Watch、iPad、iPhoneに統合し、単に「心配しているだけでなく」深刻な医療問題を抱えている人々を助けることができるアプリケーションを構築することを目指しています

これらの雇用は、医師とその役割に精通している人々によると、ショーのためだけではありません

CNBCはLinkedInの検索と情報源を使ってAppleの医師20人を見つけ出し、他の人は50人もの医師がそこで働いていると言った

他のハイテク企業も医師を雇用しており、LinkedInの検索でAmazonでも明らかになっています

スポンサーリンク

病気の管理

医師の数は、健康やフィットネスだけでなく、病気を管理するためにAppleが真剣に取り組んでいることを示しています

医師は、Appleの新しい医療技術の使い方や批判を逸らす方法について医療界に指導するのを助けることもできます

例えば、Appleは心臓のリズム異常を追跡するために心電図センサー(ECG)を発表したとき、医師の質問に答えるためのウェブサイトを立ち上げました
それは、責任を恐れる医者の間で承認を得るための非常に高いハードルがあるため重要です

多くの人がApple Watchに取り組んでいます、Apple Watchには、健康センサーに焦点を当てた様々な製品グループがあります

一部は健康記録グループに所属し、患者の医療情報を集約して安全に保管するためのソフトウェアを開発するのに役立ち、その他は研究開発作業を行っています
CNBC 1213 00001
AppleがStanford Medicineから雇った医師であるSumbul Desai氏は、同社のCOO Jeff Williamsと緊密に協力している健康グループのトップリーダーであるとい言います
もう1人の医者Bud Tribble氏はAppleのソフトウェア担当副社長で、Macintosh設計チームの元メンバーです

Desai氏を含むこれらの医師の多くは、依然として患者の診察を続けています、それはまた、患者の経験を強調することによってAppleが優位性を発揮する可能性があります

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)