調査によると、新しいiPhoneの購入意欲は5年ぶりに弱い

調査によると、新しいiPhoneの購入意欲は5年ぶりに弱い

購入意欲が低下

iPhone XRの需要が予想を下回っているとの報告を受け、先週AppleはiPhone XRが同社で「最も人気がありベストセラー」であることを発表しています

iPhoneの販売に関する懸念を軽減することを意図していましたが、投資家の信頼を高めるためにあまり効果がありませんでした、実際にAppleの株価は168ドルまで下がり、ここ8ヶ月で最低でした

AppleはiPhoneの販売台数の発表をやめたので、iPhone XRの実際の販売台数を正確に把握することは出来ません

UBSでの新しい調査によると、iPhoneのアップグレードの意欲は5年ぶりの低さであると言っています

スポンサーリンク


もともとCNBCの調査によると、UBSの調査では6,900人の消費者から回答では、回答者の18%が今後12ヶ月以内にiPhoneの購入に興味があることが分かっています、UBSが昨年同調査をおこなった時の数値は21%でした

また、中国で新し​​いiPhoneを手に入れることへの全般的な意欲は、昨年の30%から今年は23%に低下していることも注目に値します

UBSのアナリストTimothy Arcuri氏は、「このiPhoneサイクルに対する投資家の期待は鈍っている」と述べています、2019年iPhoneのコンセンサス推定値は、約2%のユニット減と約1%の増収です

投資家はiPhoneのユニット数にこだわる

Appleの事業全体で収益と収益性の向上を追求しながら、アナリストはiPhoneユニットの販売に非常に重点を置いているように見えるのは変わったことではありません

アナリストや技術専門家は、ここ数年、AppleのiPhone以外の未来を見て欲しいと願っています、Appleはサービス部門の急成長とApple Watchの人気が高まっているだけでなく、iPhoneの販売が停滞しても収益を大幅に向上させる方法を見つけました

これが積極的な展開であると考えている一方、ウォールストリートの投資家は明らかに意見の相違があるようです

(Via BGR.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)