Appleの特許出願により、より多くのバイオメトリックセンサーを備えた将来のAirPodsが明らかに

Appleの特許出願により、より多くのバイオメトリックセンサーを備えた将来のAirPodsが明らかに

バイオメトリックセンサー

Appleは、Apple Watchで利用可能なバイオメトリック測定値の一部など、同社のAirPodsの次期バージョンで見られる機能を示唆する「コンプライアンスメンバーによるイヤホン」の特許(番号10,149,041)を提出しました

この発明は、イヤホンの使用中にユーザの耳の一部と直接接触するように、バイオメトリックセンサーをイヤホンの外面に沿って配置することを含んでいます

Appleはこの特許出願で、携帯電子機器のユーザーがバイオメトリックトラッキングへの関心が高まっていることを指摘しています
Biometric AirPods 00001

スポンサーリンク


バイオメトリックセンサーは、心拍数、VO 2、およびコア温度の線に沿ったバイオメトリックパラメータを適切に測定および追跡するために、皮膚と密接または直接接触する必要があります

Appleは、これらの生体認証データを追跡するためにセンサを皮膚に直接接触させる必要があることは、過度に負担になる可能性があり、生体認証追跡の採用がより困難になるため「バイオメトリックパラメータを目立たないように測定するためのメカニズムが非常に望ましい」と述べています

この発明の概要は

このアプリケーションは、1つまたは複数のバイオメトリックセンサーで構成されたイヤホンです。バイオメトリックセンサのうちの少なくとも1つは、バイオメトリック測定を行うために耳珠の一部に対して押しつけられるように構成されています


いくつかの実施形態では、イヤホンのハウジングは、イヤホンがユーザの左耳または右耳のいずれかに交換可能に着用できるように、対称であってもよい。そのような実施形態では、イヤホンは、イヤホンがどの耳にあると判断されるかに応じてイヤホンの動作を決定および変更するように構成されたセンサおよび回路を含むことができる

特許はあくまで特許であり、実際の製品で具現化されるわけではありません

(Via AppleWorld.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)