第2世代 AirPods、Bluetooth SIGの認定が発見され2つのバージョンが存在

第2世代 AirPods、Bluetooth SIGの認定が発見され2つのバージョンが存在

第2世代 AirPods

MySmartPrice の報告で Appleの第2世代 AirPodsのBluetooth SIGの認定の申請が発見されました

これには、「AirPods」の名称が記載されてモデルナンバー「A2031」「A2032」の2つのバージョンが存在することがわかりました

このリストには、Bluetooth 5.0の認定を受けたことも記載されています
AirPods 2 00001 z

スポンサーリンク

健康追跡機能

Bluetooth SIGの提出とは別に、今週発生した別の規制変更もあり香港とヨーロッパの新しい商標申請は、健康とフィットネスのセンサー、モニター、バイオメトリックデータの送信を含む「一般的なウェルネス機器」をカバーするために AirPods 名の使用を拡大します

新しいAirPodの健康追跡機能はかなりの間噂されており、特許やアプリケーションで表面化しています

2017年3月に発見された一連のファイルには、Apple Watchで使用されているフォトプレチスモグラム(PPG)センサー、ガルバニック皮膚反応、EKG、インピーダンスカルジオグラフィ、VO2センサー、温度計などの「バイオメトリックセンシング付きイヤホン」の使用が提案されています

AirPod 2のその他の予想される改訂には、通信の向上、周囲のノイズ処理、ハードウェアでの「Hey Siri」サポート、アップグレードされたワイヤレス充電ケースなどの、新しいWシリーズのワイヤレスチップの使用が含まれています

(Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)