Apple Pencil 2の新機能、仕様、価格の噂

Apple Pencil 2の新機能、仕様、価格の噂

Apple Pencilは、間違いなく世界で最高のスタイラスで iPad Proに最適なアクセサリです

AppleはApple Pencilに幾つかの大きなアップグレードを行う予定だと言う噂が流れています

9月下旬に中国産業情報省(MIIT)に提出された中に、新しいiPad Proと思われる 3つと、「A2051」のモデル番号を持つBluetoothデバイスが確認されており、一緒に発売されることを示唆していると言われています

Apple Pencil 2のデザイン変更

磁気アタッチメント

サプライチェーンによると、次のApple Pencilと次のiPad Proが磁石を使って側面に取り付けられると噂されています、現状では机から転がって落ちてしまう事も有り得ます

この理論を裏付ける最新の報告書は、Letemsvetemapplemに由来し、「昨年9月にAppleが買収した特許に従って、iPadに鉛筆を付けることができるオリジナルのApple iPadスマートケースがディスプレイをカバーするようにマグネットを使用します
Apple Pencil 2 1021 001 z

クリップ

同じように、同サイトでは、Apple Pencil 2には従来のペンのような小さなクリップが付いている(取り外し可能か固定かは不明)と主張しています

クリップは、ポケットに鉛筆を止めることができると同時に、転がりを防いでくれます
(実際に私は現在のApple Pencilに合うサイズのクリップを付けています)

スポンサーリンク

Apple Pencil 2の新機能

Bluetooth

9to5Macのレポートによると、Apple Pencil 2はAirPodsのようなW1チップを使ってペアになると言われています
W1チップはAirPodやいくつかのBeats製品で使用されており、Bluetooth上で動作するため、バッテリ寿命の延長、レンジの向上、ペアリングの強化などの利点があり、iCloudアカウントに登録されているデバイスと自動的にペアリングします

AppleのW1とW2の自動ペアチップでは、Find my iPhoneを使用して失われた鉛筆を見つけることさえできるかもしれません

9to5Macの報告によると、充電ポートに接続せずにデバイスを切り替えることができると主張しています

非タッチセンシティブサーフェスでの作業が可能

たとえば、ある特許は、Apple Pencil 2が非タッチ面で動作することを示唆しています、ユーザーはiPadとMacでWacomタブレット機能を模倣することができます
Apple Pencil 2 1021 002 z

交換可能なチップ/ペン先

二つ目の特許は、Apple Pencil 2がさまざまなサイズと形状の交換可能なチップを持つ可能性があることを示唆しています。この同じ特許は、Apple Pencilの後部に消しゴムを使用でき、そのデバイスがTouch IDを備えている可能性があることを示唆しています

圧力センサー

3つ目の特許 は、回転と圧力を検出できるMacのトラックパッドと力センサーとの互換性を示唆しており、Apple Pencilは空中で「描く」ことができます

スポンサーリンク

Apple Pencil 2の価格

Appleは伝統的に、リフレッシュを通じて一貫した自社製品の価格を維持しています、なかにはApple Watchのような製品の価格低下も見受けられました

現在の世代のApple Pencilは99ドルでは安いわけではありませんが、99ドルでApple Pencil 2の価格を維持し、第1世代のApple Pencilを59〜69ドルに引き下げることができます

(Via Macworld UK.)


iPad 2018でも現状のApple Pencilを利用出来ます

Apple Pencil 2を現状と同じ価格で維持し、Apple Pencilの価格をダウンすることは iPad 2018で利用しやすくすると共に、新しいiPad ProとiPad 2018の差別化を図る意味でも大きいと思われます

10月30日(火) 23時からのスペシャルイベントが楽しみですね

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)