欧州の規制当局、Appleの音楽認識サービス「Shazam」の買収を承認

欧州の規制当局、Appleの音楽認識サービス「Shazam」の買収を承認

買収を承認

欧州連合(EU)は、Appleが音楽認識と発見サービスであるShazamを買収したことを承認しました

Appleは12月に同社を買収したと発表しました、しかし2ヶ月後にはEU競争規制当局は、欧州経済圏(EEA)で複数の国が提起した懸念が引き金となって、取引を再検討していると述べて4月に審査を全面的に検討しました

欧州委員会は、今日、EEAの競争に悪影響を及ぼさないことは確かだと語り、買収を承認しました

独占禁止法チーフのマーグレザ・ベスタガー氏は次のように述べています

データはデジタル経済の鍵となります。したがって、競争を制限しないように、潜在的に商業的に敏感なものを含む、重要なデータセットの取得につながる取引を慎重に検討する必要があります。Shazamのユーザーと音楽データを徹底的に分析した結果、アップルの買収によってデジタル音楽ストリーミング市場における競争が下がらないことがわかった

スポンサーリンク

調査結果

この決定に至る過程で、委員会はAppleとShazamは主にお互いに競合しない補完的なサービスを提供していることを発見しました

  • AppleがEEAで音楽ストリーミングサービスを提供するために競合他社の顧客に関する商業機密データにアクセスし、Appleが競合他社の顧客を直接ターゲットにしてApple Musicに移行できるようにするかどうかについて、その結果、競合する音楽ストリーミングサービスは競争上の不利な立場に置かれていた可能性があります
  • Shazamが音楽認識アプリの市場で強力な地位を占めていることを考慮すると、Apple MusicがShazamアプリからの紹介を中止した場合、Apple Musicの競合相手が傷つくかどうか

Shazamのデータ保有を「音楽愛好家をターゲットとするAppleの能力を大幅に向上させることができない」と見なして、商業的に機密性の高い顧客のデータにアクセスすることで、合併した企業が競合するプロバイダを閉鎖できるとは考えていない

また、Shazamアプリへのアクセスを制限することで、合併した企業が競合するプロバイダーを閉鎖できるとは考えられず、Apple Musicの競合他社の音楽ストリーミングサービスのエントリーポイントとしての重要性は限られている

欧州委員会はまた、ShazamとAppleのユーザーデータセットの組み合わせが、「それが動作する市場で合併した企業にユニークな利点を与える」ことができないと判断しました

「Shazamのデータはユニークではないため、アップルの競合他社は依然として同様のデータベースにアクセスして使用する機会があるため、その点に関する懸念は解消された」と付け加えました

(Via TechCrunch.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)