Apple Payのユーザーは世界で2億5,300万人、iPhoneのインストールベースの31%

Apple Payのユーザーは世界で2億5,300万人、iPhoneのインストールベースの31%

サービス分野で重要な役割

アナリストGene Munster氏は、過去数四半期に記録的な成長を遂げ、Apple PayがAppleのサービス分野でますます重要な役割を果たしていると考えています

Appleは7月の第3四半期の業績報告で、サービス収入が前年同期比31%増の95億ドルとなり、推定値を大幅に上回る数字となりました

Loup Venturesで長年働いているAppleのアナリスト、Munster氏は今年、Appleの成功の未来はサービス事業にあると主張してきました、最近の四半期の数字は確かにそれを裏付けています

Loupのサイト上の新しい投稿で、サービス部門の1つの特定の部分、Apple Payは、使用量の巨大な成長に備えていると言います。そして、リリース後年数はかかりましたが徐々にデジタルウォレットのコンセプトが、主に国際市場で牽引されています
Apple Pay traction 001 z

スポンサーリンク


Munster氏は、次のように記しています

現時点でApple Payが受け入れられている国は24カ国あり、今年後半にはドイツを加えて25になる


現在、Apple Payユーザーの総数は約2億5,300万人(インターナショナルは2億1,500万人、米国は3,800万人)と推定されています、これは米国のApple Payの割合が15%に減少し、インターナショナルが85%に増加したことを意味します

Appleは過去3四半期にApple Pay Transitionで前年比で500%、400%、300%の伸びを記録したと報告しています
2月にMunster氏は、Apple Payが世界中の約1億2,700万人のユーザーに使用されると予測していました

Munster氏は、今週初めにリリースされた広告のように、AppleがApple Payの広告をより強調するようになったこと、そしてモバイル、デスクトップ、アプリ内、ピアツーピア、を提供するのがポイントだと言います

また、Apple Payは、デジタルコンテンツとサービス、AppleCare、iTunes、App Store、Apple Music、iCloudからなるサービスカテゴリのわずか1〜2%でしかありませんが、引き続き成長を示しています

これは、Apple Payがより多くの国に広がり、より多くの銀行に受け入れられ、多くのiPhoneユーザーがそれを使用しているからです

(Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)