Apple、2019年のAirPodsでは耐水性と心拍数モニターに取り組む

Apple、2019年のAirPodsでは耐水性と心拍数モニターに取り組む

Appleは、AirPodsのニューバージョンを含め、新しいHomePod、スタジオ品質のオーバーイヤホンヘッドフォンなど、2019年のオーディオアクセサリーの新ラインアップに取り組んでいます

来年にリリースされる予定の次世代バージョンのAirPodには、いくつかの新機能が含まれている可能性があると、Appleの計画に精通している情報筋はBloombergに語っています

ノイズキャンセルと耐水性

Appleは、ノイズキャンセルと耐水性を備えた新しいAirPodに取り組んでいると言われています、AirPodがiPhoneやiPadから離れて動作する範囲を拡大しようとしていると言います

AirPodsで泳ぐためではなく、耐水性は主に雨や汗に対して保護することだと語っています

スポンサーリンク

バイオメトリックセンサー

また、Appleは心臓モニタのような将来のAirPodsにバイオメトリックセンサーを追加して、健康関連のハードウェア製品をApple Watchの枠を超えて拡大することについて内部的に検討していると言います

現在のAirPodsは今年後半に新しいチップとハンズフリーSiriの起動をサポートするように更新されるとBloombergが報じました

また、新しいAirPodsは現在のモデルよりもコストがかかりそうだと指摘し、それはおそらく別々の価格帯で別のエディションを導入することによって、Appleが製品ラインナップを分割する可能性があるとも言います

オーバーイヤホン

Appleのブランドを使用し、同社のBeatsラインの代わりにハイエンドの製品を計画しています

Appleはもともと2018年末までにヘッドフォンを導入することを計画していたが、開発の課題に直面しており、来年早々のリリースを目標としていると言います

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)