Apple Watchのソフトウェア・アップデートをスピードアップする方法

Apple Watchのソフトウェア・アップデートをスピードアップする方法

何時もアップデータがリリースされる度に、アップデートに時間がかかるのでApple Watchのソフトウェア・アップデートは何とかならないものかと思っていました

特にメジャーアップデートとなると半端ない時間がかかります、出勤前にアップデートするのは躊躇われますよね

ちょっとしたトリックを使ってwatchOSソフトウェアのアップデートプロセスをかなりスピードアップすることができるようです

これは非常にシンプルなトリックであり、単にiPhone上でBluetoothをオフにするだけで、あなたのApple Watchはwi-fi経由でwatchOSソフトウェアのアップデートをダウンロードするのだそうです

WatchOS Softwea Update 001 z

スポンサーリンク

Apple Watchのソフトウェア・アップデートをスピードアップする方法

始める前に、iPhoneとApple Watchがwi-fi接続で接続されていること、Apple Watchが充電器にあり、少なくとも50%のバッテリーがあることを確認しておきます

  1. iPhoneでApple 「Watch」アプリを起動します
  2. 「一般」>「ソフトウェア・アップデート」でwatchOSを更新し始めます
  3. watchOSソフトウェアのアップデートが表示されたら、「ダウンロード&インストール」をタップします
  4. 「残り時間…」見積もりが表示されたら、iPhoneのホーム画面に戻り、iPhoneの「設定」アプリを開きます
  5. 「Bluetooth」をタップし、Bluetooth設定をOFFに切り替えてiPhone上のBluetoothを完全に無効にします
  6. 「Watch」アプリに戻り、アップルウォッチへの再接続に関するメッセージが表示されたら、そのポップアップで「キャンセル」ボタンをタップします
  7. watchOSのダウンロードが完了したら、ウォッチアプリの「インストール」をタップして、Wi-Fi経由でインストールプロセスを開始します

基本的にiPhoneとApple Watchは、より遅いBluetoothではなく、デバイス間でwatchOSパッケージを転送するために、より高速なWi-Fi接続を使用するように強制します

サービスをオフにするのではなくデバイスを切断するだけですので、コントロールセンターではなく「設定」でBluetoothをオフにします

(Via OSXDaily.)


今秋のwatchOS 5へのソフトウェア・アップデートでは、この方法を忘れずに実行しようと思います

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)