Grayshift は Apple の USB 制限モード打ち破ったと述べている

Grayshift は Apple の USB 制限モード打ち破ったと述べている

iOS 12の新機能

Appleは、先日発表したiOS 12 betaでGrayKeyボックスのようなUSBベースのハードウェアソリューションを使って法執行官がiPhoneにハックすることを可能にする技術的な抜け穴を閉鎖していると、The New York Timesは報告していました

AppleはiPhoneのソフトウェアアップデートを計画しており、電話がロックされてから1時間後に、ユーザーがヘッドフォン、電源ケーブル、およびアダプタを差し込む開口部である電話の充電とデータポートを事実上無効にするとしています

デバイスが最後にロック解除されてから1時間以上経過した場合、USBアクセサリがiPhoneまたはiPadに接続されないようにする機能は、iOS 12に含まれています

この設定はデフォルトで有効で、USB GrayKeyボックスのようなベースのアクセサリは、パスコードが入力されるまでiOSデバイスに接続します、ただし、データ接続を必要としないため、充電は可能です
USB based Lock 001 z

スポンサーリンク

簡単に終結はしそうもない

一方、iOSデバイスをクラックする可能性があるUSBベースのGrayKeyツールのメーカー、Grayshiftは今後のUSBの制限に対して「打ち破った」としています

VICEの報告書によると、GrayKeyボックスは、時間の経過での制限での機能を組み込んでいると言います

しかしながら、GrayshiftがUSB制限モードを回避する方法に関する情報はないため、その目標をどのように達成しているか正確にはわかりません

Grayshiftは、Appleの対策に対してデバイスをバイパスする方法を見つけようとするのを止めるつもりもないでしょう

GrayshiftとAppleの間のこのやりとりは、消滅するとは思えず、未だ続くものと思われます

(Source VICE , Via iPhone Hacks.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)