Apple、GrayKeyボックスのようなツールを使って法執行機関がiPhoneへのアクセスを無効にする

Apple、GrayKeyボックスのようなツールを使って法執行機関がiPhoneへのアクセスを無効にする

AppleがGrayKeyボックスのようなUSBベースのハードウェアソリューションを使って法執行官がiPhoneにハックすることを可能にする技術的な抜け穴を閉鎖していると確認した、とThe New York Timesは報告している

AppleはiPhoneのソフトウェアアップデートを計画しており、電話がロックされてから1時間後に、ユーザーがヘッドフォン、電源ケーブル、およびアダプタを差し込む開口部である電話の充電とデータポートを事実上無効にするとしています
ポートを使用してiPhoneとの間でデータを転送するには、まず電話のパスワードを入力する必要があります

デバイスが最後にロック解除されてから1時間以上経過した場合、USBアクセサリがiPhoneまたはiPadに接続されないようにする機能は、iOS 12に含まれています

この設定はデフォルトで有効で、USB GrayKeyボックスのようなベースのアクセサリは、パスコードが入力されるまでiOSデバイスに接続します、ただし、データ接続を必要としないため、充電は可能です
USB based Lock 001 z

スポンサーリンク


Appleの新しい環境は、過去2、3年の間にロックされたiPhoneにアクセスするために警察当局が使用していた技術を効果的に無効にします、例えば、現在普及しているiPhoneのロック解除オプションは、GrayKeyボックスで、米国の何百もの法執行機関に販売されています

GrayKeyボックスは、iPhoneのLightningポートに接続するように設計されており、データ接続を使用してわずか数時間で無差別にパスコードを入力できます、この変更により、デバイスが最後にロック解除されてから1時間未満でない限り、GrayKeyボックスはiPhone上で動作しません
USB経由でのアクセスが可能な短い時間は、本質的にGrayKeyボックスを役に立たなくします

Touch IDとパスコードの下にあるUSBアクセス設定は無効にすることができますが、ほとんどのユーザーはそれを無効にする必要はありません、iOS 12にアップグレードすると、すべてのiOSデバイスはデフォルトでこの設定を有効にします

これは、法執行官がiOS 12以降を実行するデバイスにアクセスするのがはるかに困難な場合があることを意味します

Appleは、デバイス上でのセキュリティの変更によって法執行の努力を妨げることを目指していません、同社は、サーバーに保存されているデータの要求を定期的に遵守し、これらの要求に対応する専任の専門家チームを持っています

Appleの広報担当者は、MacRumorsに、Appleは常にセキュリティ保護を強化し、iPhoneの脆弱性をできるだけ早く解決し、ハッカーから顧客を守るよう努めていると語りました

画像元:MacRumors
(Source The New York Times , Via MacRumors.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)