Apple、複数の元Intelエンジニアを採用し、カスタムMacチップの噂が浮上

Apple、複数の元Intelエンジニアを採用し、カスタムMacチップの噂が浮上

将来のMac

Appleは、ハードウェアエンジニアリングラボをオレゴン州に設置し、複数の元Intelエンジニアを採用していると、Appleの求人情報に精通している人物が言っています

採用は11月に始まったようだが、今後数年以内にAppleがIntelチップをARMベースのMac CPUに置き換えるのではないかと推測しています

Appleの求人は、完成した製品が元の仕様を満たしていることを保証するためのスペシャリストである設計検証専門家を求めています

Bloombergは4月、Appleが2020年に開始するMacモデルでカスタムチップを使用し始めると発表しました、この動きは、すべてのAppleデバイスをより似通ってシームレスに動作させるための同社の広範な戦略の一環です

その後の報告では、PegatronはARM搭載のMacBookを作る予定と言われます

具体的な主張には疑問がありますが、Appleがインテルの代わりにAppleが設計したARM CPUを搭載した最初のMacの2020年の日付を目指しているという、より信頼できるBloombergの報告に続くものです

(Via Patently Apple.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)