IDC、2018年スマートフォンの販売は2017年に続いて減少、唯一iPhoneのみ成長する

IDC、2018年スマートフォンの販売は2017年に続いて減少、唯一iPhoneのみ成長する

IDCの予測

International Data Corporation(IDC)は、2019年以降に成長に戻るが2018年は2017年の0.3%減少に続いて減少すると発表しました

2017年は、2016年の14億6,900万ドルから0.3%減少した14億6,500万ドルでしたが、2018年にはさらに0.2%減少した14億6,000万ドルになると予測しています

スマートフォンマーケットは、2019年から年間3%の成長に戻り、2022年には16億5,400万ドルに達するとしています

2017年の景気後退の最大の要因は中国で、スマートフォンの市場は前年比4.9%の減少となりました

IDCは、2019年の景気が横ばいになる前に、7.1%の下落を予測しているため、2018年には厳しい状況が続くと予想されています

スマートフォンの出荷台数は2018年にわずかに減少するが、スマートフォンの平均販売価格(ASP)は2017年のASP313ドルから10.3%上昇して345ドルに達すると予測しています

スポンサーリンク

プラットフォームのハイライト

iOS

AppleのiPhoneは、2018年に2.6%増の2億1,200万ドルに達すると見込まれています

IDCは、今後5年の年平均成長率 2.4%で成長すると予測しており、2022年には2億4200万ドルに達すると予測しています、また、大画面iOS対応スマートフォンの噂により、製品は2018年の第4四半期に出荷を開始する予定で、量が増え、2022年に出荷されるすべてのiPhoneの36%を占めます

Android

スマートフォン全体のAndroidのシェアは、世界の出荷台数の85%で比較的安定していると見込まれています

IDCは、Android携帯電話の98%が2022年までに5インチ以上の画面を出荷すると予測しており、36%は6インチ以上であると推定しています

世界のスマートフォン5年間の年平均成長率(単位:百万)
IDC 0531 001

画像元:iDropNews
(Via AppleWorld.Today.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)