Jamfによる調査結果で、従業員の約75%がMac&iOSを選択

Jamfによる調査結果で、従業員の約75%がMac&iOSを選択

エンタープライズ企業Jamfは、『従業員の経験に対するデバイス選択の影響』と言う調査の結果を発表しています

企業の選択権

すべての組織は、最高の人材を引き付けて保持し、従業員の創造性と幸福を維持し、最終的に最高の従業員体験を提供したいと考えています

Jamfは580社の企業組織を調査し、従業員の選択傾向の変化(従業員の作業デバイスの選択を可能にする)が従業員の保持、生産性、および財政的利益と相関するかどうかを判断しました

企業によるコンピュータの動向

組織が技術を選択する権利を従業員に与えた時、彼らは一貫してAppleを選択します

選択肢のある組織のうち、72%がMacを、28%がPCを選び、75%がiPhoneまたはiPadを選択したと回答し、25%のみがAndroidを選択しました

Jamfの事業はApple製品の管理ソフトウェアを販売していることを考慮する必要はありますが、このデータはAppleにとっては大きなことです

スポンサーリンク

選択肢がある場合のメリット

その他の興味深い結果は、従業員がデバイスの選択が生産性と誇りにどのように影響するかを示しています

68%の人々は、自分の選択したデバイスを選択する能力によって、職場での生産性が向上し、37%の人々は創造性が改善するすると主張しています

回答者の35%が、選択したデバイスを使用することで、彼らが働く場所を誇りに思うと感じていました

企業貸与の終わりか?

企業貸与は素晴らしいことでしたが、2018年に調査された従業員は、自分のデバイスを持ちたいと考えています、企業は従業員に直接デバイスを選択することを検討しています

(Via 9to5Mac , Jamf)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)