Appleは正式にAirPortルータのラインを廃止し、将来のハードウェアの計画はなし

Appleは正式にAirPortルータのラインを廃止し、将来のハードウェアの計画はなし

Appleは正式にワイヤレスルータ事業を終了し、残りのAirPort製品の在庫を売却する予定である。これには、AirMac Express、AirMac Extreme、およびAirPort Time Capsuleの両方のモデルが含まれます

9to5Macは、Appleから確認しています

Apple AirMacベースステーション製品の販売を終了します。
Apple.com、Appleの小売店、Apple正規販売代理店を通じて購入可能です

Appleのルーターのファンにとってはこのニュースは失望に値しますが、AirPortラインの終わりは驚くことではありません

Bloombergは2016年11月にAppleがAppleのルータの開発チームを解散したと報告し、9月 5 日にApple StoreがLinksysから第三者メッシュWi-Fiルータの販売を開始したと報告しました

当時、AppleはAirPortラインが残っていると言っていい、メッシュのWi-Fiルーターでは、大きな家庭用のソリューションを追加しました

スポンサーリンク


Appleとサードパーティのベンダーは、AirPort Express、AirPort Extreme、およびAirPort Time Capsuleを引き続き販売しますが、供給が続く間に限ります

顧客は、これらの製品が今後何年もサポートされると期待できますが、無期限ではなく、新しいハードウェアの改訂は行われません

Appleが意味のある影響を及ぼすことができると判断すれば、Appleはいつでも市場に参入することができますが、現在はAppleが提供するルータやその他のサードパーティーのソリューションに市場を認めています

Appleは現在、HomePodで独自のAirPlayスピーカーを提供しており、AirPlay 2は、Apple TV接続のスピーカー、新しいSonosスピーカー、今後リリースされるBeatsスピーカーなど、さらに多くのオプションを提供します

Appleが公式にAirPort Expressを中止したことで、iOS 11.4ベータ版に見られるAirPlay 2サポートの概要が不安定になりました

(Via 9to5Mac.)


AirMac ExpressによるAirPlay 2のサポートは、iOS 11.4ベータ版に一度は見られましたが、最新のベータ版では表示されなくなってしまっています

このタイミングでの発表と言うことは、やはりAirPlay 2の対応は個人的には期待していたのですが無い可能性が大きいと思われます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)