Apple、iPhoneやiPadの新しいバッテリは20%〜40%の容量アップ

Apple、iPhoneやiPadの新しいバッテリは20%〜40%の容量アップ

新しいタイプのバッテリは、20%〜40%のストレージ容量を約束します、さらに研究の背後にある企業の1社がAppleと提携しているため、iPhoneとiPadに改良されたリチウムシリコン電池が登場する可能性が高い

電池は10年以上で大幅に改善されていません、イノベーションの欠如は、iPhoneから電気自動車へのモバイルデバイスの進歩を遅らせます

すべてのバッテリは正電荷カソードと負帯電陽極を必要とします
現在のリチウムイオン電池では、陽極は長持ちするグラファイトからなっています、代わりにシリコンを使用すると、バッテリにより多くの電力を蓄えることができますしかし、この材料で作られた陽極は、この時点であまりにも速く摩耗します

スポンサーリンク


Sila Nanotechnologiesは、シリコンで作られた陽極を開発していますが、それらに長い寿命を与えるのに十分なグラファイトを混入しています

Sila NanoのCEOであるGene Berdichevsky氏は次のように述べています

Silaでは、次世代電池材料を提供し、エネルギー貯蔵を改善し、電池製造に変更を必要とせず、大量生産で経済的に拡張します

これは、シリコンを主成分とする陽極を開発する唯一の会社ではありません、ライバルの Enevate は、The Wall Street Journalによると、その提供によってバッテリ容量が30%向上すると語っています

Appleとの関係

Sila Nanotechnologies社のリチウムシリコン電池は設計段階とテスト段階にとどまりますが、同社はAmperex Technologyからの資金提供を受けています、Amperexは家庭用の名前ではありませんが、iPhone、iPad、その他のApple製品用のバッテリーを供給しています

Berdichevsky 述べらたように、新しいケイ素の陽極の利点の1つは生産プロセスに重大な影響なしでグラファイトを取り替えることができることです

Amperex は明らかに数年以内にこの機能強化した電池を作る予定です、そして確実にAppleにそれらを提供します

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)