AppleのARKitは拡張された未来の地図を提供する

AppleのARKitは拡張された未来の地図を提供する

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Apple マップやGoogleマップでユーザーは運転中にナビゲーションルートを取得したりします、歩いている間にアウトラインのパスを取得することも重要な機能です

Appleマップでは、iOS 11とARKitのおかげで、その特定の機能が将来大きく向上する可能性があります

開発者Andrew Hartは、iOS 11のARKitとCoreLocationのおかげで、ナビゲーションの未来がどうなるかを簡単にデモすることができました

Hart氏はTwitterでARKitとCoreLocationの最近の仕事を紹介した新しいビデオを公開しました

実世界環境上で太い矢印とパスを重ね合わせた、歩行者向けの簡単なナビゲーションアプリを示しています
その結果、オーバーヘッドマップや指示を読む必要はなく、非常に直感的なナビゲーションとなっています





スポンサーリンク




また、別のビデオではARKitを使って地元のランドマークを認識し、名前や相対距離などの有用な情報を提供する方法を示します

アプリは、都市や観光客の新規参入者には非常に便利で、馴染みのない地域の地元の名所を非常に簡単にナビゲートすることができます



画像元:iDrop News
(Via iDrop News , @AndrewProjDent.)


これらのことは「iOS 11」と「APKit」のほんの一部でしょう

ARはこれから、ますます色々な分野に利用され拡張されるものと思います、この機能を利用できるのが「iOS 11」をインストールした「iPhone SE」以降のiPhoneとiPad Pro(3種類すべてのモデルとモデル)&新しい9.7インチのiPad(2017)なので、一気に利用者の拡大が予想されます

この機能でiPhoneの利用方法が変わるかもしれませんね


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)