Apple、バッテリーの問題を伴うApple Watch(第一世代)の修理期間は3年に延長

Apple、バッテリーの問題を伴うApple Watch(第一世代)の修理期間は3年に延長

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

無償保証期間

Apple正規サービスプロバイダに出て送信される電子メールによると

Appleは、膨れ上がったり、または拡張されたバッテリの問題が拡大しているApple Watch(1st gen)モデルのサービス範囲を3年間延長し、お客様に提供している1年間の無償保証期間をさらに2年間延長しました

サービス拡張についての公式発表は行われていない。すでにバッテリーの代価を払っているか、バッテリーの交換を行った顧客に対して、アップルが払い戻しを提供するかどうかは不明です



スポンサーリンク




AW1st 002
少数のApple Watch(第一世代)ユーザーに影響を与える問題のようです

バッテリーの問題により、Appleウォッチ画面がケーシングから飛び出し、使用できなくなります

Apple Watch(第一世代)は、2015年4月に初めて導入され、最近4月24日に丸二年を経過しています

画像元:9To5Mac, appleinsider
(Via 9To5Mac. appleinsider)


Apple Watchの修理延長についての公式発表は行われておらず、この問題は一般的ではないと示唆しているので、該当の方はAppleのサポートで確認されることをお薦めします


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)