Apple、iWork for iCloudには、実物のiWorkが含まれている

Apple、iWork for iCloudには、実物のiWorkが含まれている

iWork for iCloud

3月の終わりに、Pages、Keynote、Numbersは、Mac、iOS、およびWebで大幅なアップデートを受けました、iCloud用のiWorkスイートは、その名の通り進化しています

iCloud.comでアクセスできるPages、Keynote、Numbersは、Mac上のバージョン10.0の、新しいテンプレート、iCloud Driveのフォルダ共有、ドロップキャップ、カスタマイズ可能な背景など、ほぼすべての新機能を持っています(ただ、これらのWebアプリには、コメントを含む文書の印刷機能など、いくつかの新機能がまだ不足しています)

IWork for iCloud 00002 z

これらの追加機能に加えて、内部の変更も加えられています

スポンサーリンク


Appleの開発者がTwitterで、iWork for iCloudにiWorkのネイティブコードベースから取り込んだ機能が追加されたと報告しています

これは、Pages、Numbers、KeynoteのWebバージョンにC++とObjective-Cのコードがあることを意味します、例えば、Mac版から直接抽出した図形を組み合わせることができる機能です

IWork for iCloud 00003 z

これを可能にしているのは、主要ブラウザの編集者によって2015年に開始された標準規格であるWebAssemblyの使用です

WebAssemblyを使用すると、さまざまな言語で記述されたコードを、ネイティブアプリケーションと同様のパフォーマンスでWeb上で実行することができます、WebAssemblyはバイトコード、つまりソースコードとマシン命令の間にプリコンパイルされた中間コードです

(Via MacGeneration.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)