AppleのStudio DisplayのWebカメラの低品質はバグではない、ユーザーは現状のWebカメラで対応せざるを得ない

AppleのStudio DisplayのWebカメラの低品質はバグではない、ユーザーは現状のWebカメラで対応せざるを得ない

アップデートによる変更点

Studio Displayの発表から約2か月後の今日、Appleは同社の内蔵ディスプレイWebカメラの画像処理を強化するファームウェアのベータを、デベロッパー向けにリリースした

現在このアップデートはmacOS Montereyの最新ベータ版を利用しているユーザーのみに提供されており、一般公開される時期は不明です

ただし、Studio Displayユーザーの中には、ファームウェアアップデートをインストールして、実際に何が変更されるかを確認している方もいますが、今回のアップデートは、あまり変わっていないことがわかりました

Jason Snell氏が指摘しているように、Appleはセンターステージのクロッピングを緩和するためにいくつかの調整を行っています


スポンサーリンク

超広角レンズがすべて

Appleが誇りを持って言うには、Studio Displayは12MPのカメラを搭載し、鮮明な画像には十分です、iPhoneや他のApple端末にも12MPのフロントカメラが搭載されていあmす、しかし、Studio DisplayのWebカメラの画質がこれほど違うのはなぜなのか?

ほとんどのApple製品は通常のワイドフロントカメラを搭載していますが、Studio Displayは超広角レンズを備えています、これは、ビデオ通話やビデオ録画中に、機械学習を使用して画像を常に人物の中央に配置する機能であるCenter Stageを備えているためです

このカメラには光学ズームが搭載されていないため、センターステージでは画像がデジタルトリミングされ、フレーム内の人物が中央に配置されます

iPhoneは12MPの自撮りが可能ですが、Center Stageカメラは超広角レンズを使って12MPの画像を撮影し、通常の写真や動画のようにデジタルトリミングします、この処理により、画像の鮮明さが低下します

例えば、第3世代iPad Airは7MPの前面カメラを搭載していす、今までのiPad mini 6と比べると古いiPadの方がシャープに見えます


別の例として、iPhone 13 Pro Maxの広角と超広角の背面レンズを使って同じ写真を撮りました

どちらのレンズも12MPの解像度ですが、超広角レンズで撮影した写真を広角レンズの写真のようにトリミングし、Center Stageカメラで撮影した写真をシミュレートしました、その結果、下の写真を見るとわかるように、画質はずっと悪くなっています

2022 04 27 09 34 04

iMacやMacBook Proのウェブカメラは「超ワイドではありません」、Studio DisplayのWebカメラよりも常に見栄えがいいのはそのためです

解決策はあるのか?

残念ながら、Appleがソフトウェアアップデートに関して何をしようと、Studio Displayのウェブカメラを劇的に改善するものは何もありません

この問題を解決するには、解像度の高いセンサーを使用してトリミングされた画像を少なくとも12メガピクセルにするか、またはより大きなセンサーを使用してより多くの光をキャプチャすることで、画像のノイズを減らすことができます

ただし、ご想像のとおり、どちらのソリューションもハードウェアのアップグレードが必要です、つまり、最初の世代のStudio Displayの所有者は、現状のWebカメラで対応せざるを得ないことになります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)