Apple、「Studio Display 15.5」ファームウェアベータ版をリリース

Apple、「Studio Display 15.5」ファームウェアベータ版をリリース

Appleは、iOS 15.5、iPadOS 15.5、macOS Monterey 12.4のベータ版に加えて、本日Studio Display向けに設計されたファームウェア「15.5」のベータ版をリリースしました

Appleは3月に、Webカメラの問題に対処するためにStudio Displayのファームウェア修正を約束していましたが、The Vergeに語ったAppleの広報担当者によると、今日リリースされたファームウェアのベータ版は実際にWebカメラの問題を修正しているとのことです

Studio Displayには、Center Stage対応の12メガピクセル超広角カメラが搭載されているが、Studio Displayのレビュー担当者や所有者の調査によると、このカメラでは画質が粗く、色あせた画像が常に表示されると言います

スポンサーリンク


Appleによると、これはシステムが期待どおりに動作しない問題の結果だという。ファームウェアは 「カメラチューニング、ノイズ低減、コントラスト、フレーミングの改善」 がアップデートされています

すべてのStudio Displayモデルは、無線でファームウェアの更新を受け取ることができますが、このファームウェアの更新は、現在のところmacOS Monterey 12.4ベータ版を実行しているMacに限定されます

macOS 12.4ベータ版をインストールしたら、Studio Display所有者は 「システム環境設定」 > 「ソフトウェアアップデート」 でファームウェアをインストールできます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)