Webカメラが機能強化された「Studio Display ファームウェア 15.5 」は、個別のアップデートとして利用可能になります

Webカメラが機能強化された「Studio Display ファームウェア 15.5 」は、個別のアップデートとして利用可能になります

開発者向けに 「iOS 15.5 RC」 および 「macOS 12.4 RC」 がリリースされたことに続き、Appleは正式なリリースに先立ち、Studio Display ファームウェア 15.5のRC (リリース候補) ビルドを提供しています

今回のアップデートでは、内蔵ウェブカメラで撮影した画像が改善されています

Appleによると、最新のStudio Display ファームウェア アップデートは「ノイズリダクション、コントラスト、フレーミングの改善など、カメラの調整を微調整します」となっています

このアップデートは、Studio DisplayのWebカメラで、色あせてノイズの多い質の悪い画像を表示することに失望したユーザーからの苦情に続くものです

これらの調整の後、Studio Displayの所有者は、より自然な色とシャープさが向上したイメージ品質のいくつかの改善に気付くことができました

スポンサーリンク


しかし、小さな超広角センサーのために、ソフトウェアの修正だけでは画像を非常に良く見せるには不十分でした

現時点では、Studio Display ファームウェア 15.5 RCはベータテスターのみが利用可能です

ただしAppleは、このアップデートが一般向けにリリースされたあとは別のソフトウェアとして提供する予定であることを認めています

このためStudio Displayのファームウェアをアップデートする際に、事前にmacOS Monterey 12.4をインストールする必要はありません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)