Apple Watchはパーキンソン病の症状をモニターするためにFDAによって認可される

Apple Watchはパーキンソン病の症状をモニターするためにFDAによって認可される

4年の歳月を経て、ついにApple Watchがパーキンソン病の症状をモニターする許可を得ました

Appleは2015年にResearchKitの取り組みを発表した際、一つの可能性としてパーキンソン病の研究をほのめかしていました。しかし、Appleが研究者が活用できるAPIを追加したのは、2018年になってからでした

Movement Disorder APIは、Apple Watchが震えや運動障害といった典型的なパーキンソン病の症状をモニターする方法を提供しました

こうした研究が初めて具体化してから4年後の今、米国食品医薬品局(FDA)は、パーキンソン病患者によく見られる症状を監視する最初のwatchOSアプリを承認しました

Reutersによると、サンフランシスコのスタートアップRune Labsが、Appleの転倒検出機能と同じモーションセンサーを使って患者のケアと治療を助けるアプリを開発しました

しかし、Apple Watchは多面的なアプローチの一部にすぎないでしょう、Rune Labsの最高経営責任者であるBrian Pepin氏はReutersに対し、Apple Watchからのデータは、脳信号を測定する「Medtronic」インプラントなど、他の情報源からのデータと組み合わせる予定だと述べています

このアプリの目的は、必ずしもパーキンソン病の発症を検出することではなく、可能な限り多くのデータを医師に提供することで、同疾患を抱える人々の治療を支援することです

スポンサーリンク


多くの病気と同様に、一般的に医師が症状や病態を発見する機会は、患者が診察室に来たときに限られます。心房細動 (Afib) が見過ごされることが多いのは、まさにこのためなのだ。そして、不整脈の頻度が低い人々の生活に、Apple Watchが大きな違いをもたらしたのも、このためである。

同じ問題がパーキンソン病の治療を妨げています、Pepin氏が説明するように、パーキンソン病の症状は時間とともに大きく変化する可能性があるため、医師が短時間の診察で患者の動きを全体的に把握することは困難で

Apple Watchは、「長時間にわたって連続的に観察を行う」ことで、この大きなギャップを埋めるだろうとPepin氏は付け加えています

今回のFDAの認可は、AppleのMovement Disorder APIの初めての本格的な使用となります、Rune Labsは昨年、Appleの科学者グループがScience Translation Medicine誌に、Apple Watchがパーキンソン病の症状のモニタリングに役立つことを証明する研究を発表したことを受けて、このアイデアの研究を開始しました

スポンサーリンク


研究の準備が整った後、Pepin氏は関連するツールと方法についてAppleに連絡し、Appleの研究チームがPepin氏に連絡してMovement Disorder APIを実地のパーキンソン病患者に実用化する方法を探るための議論を始めるのに「約8分ほどかかりました」と付け加えました

パーキンソン病は、一人一人の症状と進行が独特であるため、治療が特に困難です

そのため、Apple Watchを使ってこうした正確なモニタリングを可能にすることが、医療専門家がそれぞれの患者に合った治療法を判断するのを助ける上でますます重要になっています

(Via iDrop News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)