Appleはすでに非公開でNFLとサンデーチケットの契約を締結した可能性があるという噂

Appleはすでに非公開でNFLとサンデーチケットの契約を締結した可能性があるという噂

最近の報告は、AppleがNFLサンデーチケットの権利を獲得するためにリードしていることを示しています

しかし、新たな報道は、同社が非公開で権利を取得した可能性を示唆しています、これらの権利を手に入れれば、Apple TV+では市場外のNFLゲームが提供されることになります

新たな報道によると、AppleとNFLの契約は既に締結された可能性があると言います、このニュースは、Appleがフライデーナイトベースボールで最初のMLB放送を完了してからわずか時間後に届きました

AppleとNFLのサンデーチケット

NFLサンデーチケットは、レギュラーシーズンのNFL試合を毎週放送する場外スポーツパッケージです

現在、このシリーズの権利はDirecTVが保有しており、同社はシーズン当たり290ドルから400ドルのパッケージを販売しています、しかし、DirecTVの現在のSunday Ticketの権利は、2022-2023 NFLシーズンの終わりに失効する予定で、同社は契約を更新する予定はありません

DirecTVはサンデーチケットの権利のためにNFLに年平均15億ドルを支払ったと報じられています、DirecTVはこの番組を目玉番組として利用していました、つまり、同社は全体的な加入者数を増やす手段として権利を購入したということです

2月には、AppleとAmazonは、NFLサンデーチケットの権利を取得するための「最有力候補」でした、これは2023年のシーズンから始まります

NFLと「Apple TV」などのストリーミングサービスは、年間20億ドル以上の契約になると予想されています

一部報道によると、最終的な買収額は25億ドルに達する可能性があるとのことです

スポンサーリンク


Puck NewsのMatthew Belloni氏は、NFLサンデーチケットは「この時点でAppleは負ける」と予想しています、Belloni氏に近い筋は、AppleはBelloniのコメント要求に応じないが、取引は完了したと述べています

完全に確認されたわけではありませんが、AppleはApple TV+にライブスポーツの世界をもたらすという大きな野心を見せています、フライデーナイトベースボールが順調に進んでいることから、Appleがメジャーリーグサッカーの権利を獲得しようとしているといううわさもあります

しかし、NFLサンデーチケットの契約は、AppleのMLBとの契約よりもはるかに大きなコミットメントです

報道によると、AppleはTV+でのフライデーナイトベースボールの権利のために年間約8,500万ドルを支払っています、NFLの権利のために彼らが支払う可能性のある25億ドルと比べると、これはかなり少ない金額です

加えて、最初のフライデーナイトベースボールのストリームから多くの苦情が来ているので、Appleは彼らが支払ったものを確実に手に入れることを望むかもしれません

(Via the Mac Observer.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)