Apple TV+ はオリジナル映画制作の割合を増加へ、ワーナーメディア元幹部を採用

Apple TV+ はオリジナル映画制作の割合を増加へ、ワーナーメディア元幹部を採用

The Informationの最新記事によると、Appleはオリジナル映画製作への投資を拡大するため、WarnerMediaからJessie Henderson氏を引き抜いたとのことです

Jessie Henderson氏Apple Original Films部門に参加し、Appleは制作する映画の数を増やしていく予定です

報道によると、AppleはTV+映画の制作目標を引き上げており、当初想定していた年間10〜12本から増加しています

この年間10〜12本という数字は、Apple幹部のZack Van Amburg氏とJamie Erlicht氏が2019年にThe New York Timesで行った、Apple TV+が最初にローンチしたときの公開インタビューにさかのぼります

当時、彼らはAppleの映画戦略を 「控えめで慎重に検討されたもので、年間12本以下の映画」 と表現していました

スポンサーリンク


実際の状況で見ると、現在TV+ライブラリには17本の映画が収録されており、約16ヶ月間サービスが提供されているため、現在までに月一本のペースをほぼ達成してきたことになります

しかし、The Informationの記事によると、Appleは野心を高め、今後もっと早いペースで映画を制作したいと考えているようです

今年に入って、AppleがImagine EntertainmentとSkydance Animationと重要な契約を結び、映画のさらなる強化を図っています

Jessie Henderson氏はワーナーメディアでは、副社長としてHBO Maxの長編映画を担当していました、The Informationによると、彼女は現在、Appleの長編開発責任者であるMatt Dentler氏と緊密に協力しているとのことです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)