Apple TV+シリーズ 「テッド・ラッソ」 が3つのWriters Guild Awards(WGA)にノミネート

Apple TV+シリーズ 「テッド・ラッソ」 が3つのWriters Guild Awards(WGA)にノミネート

Apple TV+シリーズで大人気の「テッド・ラッソ」が、2021 Writers Guild Awards(WGA)にノミネートされました

2021 Writers Guild Awards(WGA)では、「テッド・ラッソ」は、コメディシリーズ、新シリーズ、エピソードコメディの3つのカテゴリでノミネートされています

1年以上前の2019年11月1日のデビュー以来、Apple Originalsは、Critics Choice Awards、Critics Choice Documentary Awards、Daytime and Primetime Emmy Awards、SAG Awardsなど、219の賞にノミネートされ、61の賞を受賞しています

絶賛されたAppleオリジナル・コメディ・シリーズ「テッド・ラッソ」のスター、ジェイソン・スデイキスは、サッカーのコーチの経験がないにもかかわらず、イングランドのプロサッカーチームのコーチとして雇われた、カンザス州出身の小さな大学フットボールのコーチ、テッド・ラッソとして出演しています

Sudeikisは、主演に加えて、彼のドゥーザー・プロダクションズを通じて、ワーナー・ブラザーズ・テレビジョンおよびNBCユニバーサル・コンテンツの一部門であるユニバーサル・テレビジョンと共同で、ビル・ローレンスと共にエグゼクティブ・プロデューサーを務めています

DoozerのJeff Ingoldもエグゼクティブプロデューサーを務めており、Liza Katzerが共同エグゼクティブプロデューサーを務めています。このシリーズはSudeikis、Lawrence、Joe Kelly、Brendan Huntによって開発され、NBC Sportsの既存のフォーマットとキャラクターに基づいています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)