Apple、映画「CODA 」をサンダンス映画祭史上最高額の2,500万ドルで落札

Apple、映画「CODA 」をサンダンス映画祭史上最高額の2,500万ドルで落札

毎年恒例のサンダンス映画祭が、2021年の最終週末にバーチャル・ベースで開催されています、同映画祭のオープニングストレッチで最も最も評価の高い映画の一つが、Sian Heder監督のドラマ『CODA』でした

Deadlineによると、AppleはCODAの全世界での権利を「2,500万ドル強」で取得するために手段を講じました、もしこれが本当なら、サンダンス映画祭から買収された映画の記録となり、HuluとNeonが2020年にPalm Springsの権利のために支払った2250万ドルという高値を破ったことになります

AppleはAmazonとの入札合戦にも参加しており、AmazonはPrime Instant Videoサービスを通じてこの映画の封切りにつながる可能性がありました、Varietyも2,500万ドルという数字を報告しており、この数字が正確である可能性を示唆しています

Appleは、1月30日の午後の時点ではまだこの契約を正式に発表していません

Appleは、2020年のサンダンス映画祭で、ドキュメンタリー映画 「Boys State」 の権利を1000万ドルで買収したが、これにはA24も含まれていたと報じられています

スポンサーリンク


映画「CODA 」は、両親と兄が耳が聞こえない唯一の聴覚障害者、ルビー(エミリア・ジョーンズ)という名の若い女性の物語です

ルビーはまた、音楽学校に行きたいという願望も持ってます、音楽学校では、家庭との間に多くの点で対立があり、クラスメートとの恋愛もあります、「CODA」は「Child of deaf adults」の略で、この映画の音楽的な側面を表しています

映画の舞台はマサチューセッツ州グロスター、そこでは家族が漁業を営んでいます、CODAは、子供が何か他のものを欲しがっているときに、子供のために一つのものを望む両親の間の葛藤を描いています

CODAは、たくさんの音楽と表現と一緒に、笑いと涙の同量を提供する映画のようなものであり、Apple TV+のための番組に適合するように思われます

また、CodaのディレクターであるSian Hederは、Apple TV+番組「Little America」のエグゼクティブプロデューサーを務めています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)