津軽三味線 お稽古23回目

今日も「十三の砂山」でした、一応OKを頂き次回からは
「新津軽じょんから節」です。
本当は「三味線じょんから」の方が好きなのですが、遥かに難しいとか・・・。
今日は常に唄を意識して弾くようにと言われた。
津軽民謡は聴いてても、難しそうなので自分で歌う事は出来ないので
常に唄のイメージを持って、日々練習をする事が大切なのですね。
二上がり→本調子→三下がり、と進んでいくそうですので
大好きな「津軽音頭」まで到達できるのか?











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)