AppleのiOS 12の戦略:バグを潰す時間を増やしバグを徹底的に取り除く

AppleのiOS 12の戦略:バグを潰す時間を増やしバグを徹底的に取り除く

新しいAnimojiなどの機能がリリースされる予定、他は待たなければ

Ars TechnicaでValentina Palladino氏は、「Appleには、大きくて新しいiOSアップデートのための新しい機能が予定されていますが、期待したほどではありません」と報告しています

Bloombergの報道によると、コードネーム「Peace」とiOS 12と呼ばれる次回のiOSアップデートには、多くのアプリの再設計、FaceTimeへのAnimojiの拡張、その他の変更が含まれますが、最大の噂の変更iPhoneやiPad用にデザインされたホーム画面など。iOS 12に新機能が加わったのではなく、開発者が信頼性を確保するために新しい機能を完成させるためのより多くの時間を許す戦略へと変えていると伝えられています

今秋のリリース予定のiOS 12の最大の変更は、iPhone、iPad、Macの各コンピュータで1つのアプリを動作させる普遍的なアプリシステムです

現在、モバイルデバイスやデスクトップ、ラップトップで同じプログラムを使用するには、別々のiOSとmacOSアプリをダウンロードする必要があります
この変更に伴い、AppleはHomeKit対応のスマートホームデバイスを制御するHomeアプリのように、一部のモバイル固有のアプリケーションをmacOSに持ち込むことができます

スポンサーリンク

Apple は伝えられる AR のAnimojisの数を増やすことに取り組んでおり、ユーザーがライブのビデオチャット中にそれらを受け取ることを可能にすると言われています

AppleのFaceIDカメラを搭載した新しいiPadが、Animojisもサポートできると報道されている(Animojisは現在のところ、新しいFaceIDカメラを搭載したiPhone Xでしか利用できません)
また、新しいソフトウェアアップデートには、株式取引アプリケーションとDo Not Disturb機能、Siriに重きを置いて更新される検索ビュー、写真をiPadにインポートするための新しいインターフェース、マルチプレイヤー拡張現実ゲームプレイなどがあります

しかし、今秋、iPhoneやiPadの予定のすべての機能が抑えられています、Appleは、iPhone、iPad、CarPlayのインターフェースの大幅な変更に取り組んでいると言われています
再設計された写真アプリ、アプリはユーザーがブラウザのタブのようにそれらの間をタップすることができるように複数のウインドウを同時に実行できるようになるiPadの機能が含まれています

Appleが長年にわたり一貫して行ってきたように、年々大きなソフトウェアリリースに新機能を追加するのではなく、バグを減らして全体の品質を向上させる新しいツールを完成させることに重点を置いていると言われています

新しい戦略は、顧客とアAppleのエンジニアの両方に役立つように設計されています
最近のiOSソフトウェアのアップデートでは、ユーザーは多くのバグに気付き、昨年のAppleの大規模なソフトウェアアップデートにはApple Pay Cashなどの多くの機能が準備されていませんでした

予測可能なスケジュールで多くの派手な新機能を導入すると、ユーザーはAppleモバイルデバイスのソフトウェアを一貫して更新し続ける可能性がありますが、ユーザーは多くのソフトウェアアップデートにバグが発生していることに気付くほどの問題が発生しています

Appleのエンジニアにとって、ユーザーがAppleデバイスと対話する方法を根本的に変える機能に取り組む時間があれば、バグや不具合を減らし、各アップデートでより信頼性の高い機能を作り出すことができます

(Via Ars Technica , Bloomberg)


素直に言って、毎年の新機能が満載のOSはインパクトがあり魅力的ですが、実際に利用するとなると堅牢なOSでなければ何の意味も持ちません

毎年の義務づけられたかのOSのリリースには捕らわれては欲しくないと思います、毎年新しいmacOSとiOSをリリースする以上に堅牢で実際に有意義な機能を追加することが、Appleがこれからも発展し続け利用され続けることになると思います


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!

 







関連記事

スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)