Apple、「Siri」のトップがEddy CueからCraig Federighiに移ったことを公開

Apple、「Siri」のトップがEddy CueからCraig Federighiに移ったことを公開

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

「Siri」の監督がCraig Federighiに移行

Appleは、「Apple Leadership」のサイトを更新し新しい役員を追加しています
President 001

「Siri」これまで、iOSとmacOSを監督するEddy Cue氏からCraig Federighi氏に移りました、Craig Federighi氏のプロフィールには

Craig oversees the development of iOS, macOS, and Siri.

President 002

スポンサーリンク




Federighi氏はWWDC 2017で、より自然な音声、組み込みの翻訳機能、機械学習と人工知能の進歩など、iOS 11でのSiriの改善について議論するために舞台に上がっていました

Cue氏はiTunes Store、Apple Music、Apple Pay、Apple Maps、iCloud、iWork、iLifeなどのアプリを監督し続け、Siriを引き渡すことでAppleのオリジナルコンテンツへの取り組みにもっと集中できるようになります

「Siri」は、サードパーティのアプリが「Siri」の力を活用できるようにする更新されたSiriKitフレームワークのおかげで、iOS 11のこれまで以上に多くのことを行うことができます

画像元:Apple
(Via MacRumors.)

HomePodにおいても重要です、これからのAppleの製品にとって「Siri」は重要な役割を果たす事は疑いの余地はないでしょう


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)