流出した文書は、AppleがiPhoneの交換か修理かのサービスの決定を示している

流出した文書は、AppleがiPhoneの交換か修理かのサービスの決定を示している

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

流出した文書

iPhoneを修理するためにApple Storeを訪れたときに何が起こるかを予測するのは難しいかもしれません

ほとんどの製品に対するアップルの保証は、購入後1年間、iPhoneを含む製品の修理を対象としています

Dropboxで最近流出した22ページの文書は、Appleが技術者と認定サービスパートナーに修理のためにiPhoneを検査し、保証対象の修理、または保証外の修理、Appleが修正できない問題(交換)がある場合を示しています

「Business Insider」によると、2017年3月3日付の「Visual/Mechanical Inspection Guide」でiPhone 6,6S、および関連するモデルをカバーしています
called Geniuseと呼ばれるAppleの技術者は、それを「VMI」と呼びます

Appleの小売業者の技術者は、「​​すべての製品に同じようなものがある」と、Business Insiderに語っています、またVMIは「私たちが使っているものだが、それほど頻繁に言及していない限り、それほど奇妙な問題はない」とアップルの技術者も語っています


スポンサーリンク




「VMI」は、一般的な問題の概要を写真と共に示しています
Change 002

このガイドには、電話機が水害を受けていると判断し、保証の対象外となる前に電話を切り離さなければならないことを示す場合に、技術者が質問する必要がある質問が記載されています
Change 003

ヘアラインの亀裂は保証の対象となり、画面上のデッドピクセルが見えている場合は、修正するよう具体的に指示があります

ガイドの他の部分では、iPhoneの内部構造を特定し、部品が交換されているかどうかを確認しアップル製以外のバッテリまたは部品がないデバイスは、サービスを受けることができません

このガイドに記載されていない問題がある場合、必ずしも保証のもとで修理を受けることはできません

画像元:Business Insider
(Via Business Insider.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)