スポンサードリンク

Apple、iTunesの「ムービー」で市場シェアが低下

スポンサードリンク

Apple、iTunesの「ムービー」で市場シェアが低下

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

市場シェアが低下

AppleのiTunes Storeは、すでに音楽リスナーの競争激化に苦しんでおり、ビデオ視聴者のための戦いも苦しんでいます

ウォールストリートジャーナルの最新の徹底的なレポートによると、映画のレンタルと購入のAppleのマーケットシェアは2012年には50%を超えていましたが、最近は35%から20%に下がっています

この報告書には、デジタル映画の市場シェアを追跡する第三者はなく、正確な数字を得ることは不可能だと指摘していますが、いくつかの映画スタジオは、Appleの市場シェアの著しい低下があったと言います

コメントを求められたとき、Appleは市場シェア統計を否定せずに、App Storeを通じてNetflixやHBOなどのサブスクリプションサービスのコンテンツをユーザーに提供することに重点を置いていると説明したと言います

Appleの広報担当者は、映画のレンタルや購入が昨年より増加し、10年以上で最高水準に達したと説明したが、WSJは、Apple
の成長はデジタル映画のレンタルと販売は12%増の53億ドルで業界全体の業績の結果であると指摘しています


スポンサードリンク




デジタル映画の分野では、AppleとAmazonの2社が競争激化している。Amazonは、プライムメンバーシップサービスのおかげで、デジタル映画業界における市場シェアは約20%に増加しています、またセットトップボックスを通じて映画を借りて販売するコムキャストは現在、市場シェアの15%を占めています

ビアコム社のパラマウントピクチャーズ社のホームエンターテインメント社の元社長であるデニス・マグワイア氏は、次のように述べています

コムキャストとアマゾンは後半にかなり積極的に事業を展開した

しかし、Appleが成長している分野の1つは、独立した映画であり、主要なスタジオシステム以外の映画にも契約が結ばれています

Appleのデジタル映画事業における市場シェアの喪失は、ジャンルに渡って均一ではありません、 独立系映画を宣伝し、主要スタジオシステム外で制作されたものの独占権のための契約を結んでいます

過去に、Apple が劇場にまだある映画のレンタルを提供しようとしていることが報告されていますが、ここの交渉はまだ初期段階のようで、今後どのように進展するのかは未だわかっていません

(Via 9to5Mac.)


日本での「ムービー」市場シェアは僅かだと思われます

映画・映像エンタテイメントに特化したマーケティングデータ分析・レポート提供を行っているGEM Partners株式会社は、2016年の動画配信(VOD)市場について、2015年の1,410億円から2016年は1,636億円となり、16%増

このうち、「定額制動画配信(SVOD)」は市場全体の76.8%を占め、「レンタル型動画配信(TVOD)」のシェアは12.6%、「動画配信販売(EST)」は10.6%だと推計しています

サブスクリプションサービスでは、「dTV」のシェアが最も大きく、シェア2位は「Hulu」、3位は「U-NEXT」となっています
ITunesMovie 002

(Via @Press.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク