macOS Monterey beta 2、Safariのタブを古いデザインに戻すトリックはもう使えない

macOS Monterey beta 2、Safariのタブを古いデザインに戻すトリックはもう使えない

Appleは今年、iOS 15、iPadOS 15、macOS Montereyで、デザインを一新したSafariを導入しました

しかし、一部のユーザーはこの新しいデザインを好まず、その結果、Safariを古いデザインに戻すトリックを発見する人が出てきました、残念ながら、macOS Montereyベータ2ではこの方法は使えなくなりました

Safariの新しいデザインでは、ナビゲーションバーとウェブサイトのレイアウトが統一され、背景の色に沿って表示されるようになりました、また、アドレスバーとしても機能するようになったタブは、よりミニマルなデザインになりました

同時に、「ページの再読み込み」や「ブックマーク」などのボタンは、メインインターフェイスから隠されました

ベータ版が公開されて以来、複数のユーザーからSafariの変更点に対する不満が寄せられています

iOSではどうすることもできませんが、ある開発者はmacOSで古いSafariのデザインを復活させる方法を見つけ出しましたが、悲しいのは、この方法が長く続かなかったことです

スポンサーリンク


本日未明に開発者向けにリリースされたmacOS Monterey beta 2では、ユーザーはSafari 15を古いデザインに戻すことができなくなりました

Appleがユーザーに許可しているのは、ナビゲーションバーの色を無効にすることだけですが、古いタブシステムを使う方法はありません

しかし、これはAppleがベータテスターからのフィードバックに耳を傾けていないことを意味するものではありません

Safari 15 beta 2 00002

AppleはSafari 15のアドレスバーにページ更新ボタンを再追加しました。常に表示されているわけではありませんが、アドレスバーの上にカーソルを置くとアイコンが表示されます、iPadOS 15ベータ2では、iPadにマウスやトラックパッドを接続している場合のために、同様のことを行っています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)