macOS Big Surで一部のユーザーのSafariが定期的にクラッシュする

macOS Big Surで一部のユーザーのSafariが定期的にクラッシュする

一部のユーザーにとって、SafariはmacOS BigSurに切り替えた後に時々クラッシュする傾向があります

インターネット、特にAppleフォーラムには多くの証言があります

Safariは予期せず終了し、クラッシュレポートにも同じエラー『Namespace ASSERTIOND, Code 0xd00d2bad』が含まれています

MacOS Big Sur Safari 00002

このバグは、原因が明確に特定されていないため、いっそう苛立たしいものです、当然、機能拡張について考えますが、さまざまな証言では明らかな原因を見つけることができません

あるユーザーには1Password機能拡張しかなく、また別のユーザーは5つのアクティブな機能拡張がありますが、影響を受ける他のユーザーには他の機能拡張があります

すべてをオフにしても、それはクラッシュを排除することはできません、この予期しないクラッシュを再現する方法もありません

これは、リンクをクリックしたとき、または別のアプリを使用した後にSafariに戻ったときに発生する可能性がありますが、Appleのブラウザがバックグラウンドでアイドル状態だったときにも発生します

また、ユーザーはMacがスリープ状態のときにクラッシュしたとさえ不満を言っています

私も実際この問題には悩まされています、実際に同じ状況でSafariがクラッシュするのを経験しています

スポンサーリンク


このバグは、macOS Big Surの最初のバージョン以降、いずれの場合も存続しており、現在でも同じです

遅れているmacOS 11.2で問題は解決するのでしょうか?

ベータ版を使用しているユーザーが、現在のところSafariがクラッシュしたことは一度もありませんが、そもそもランダムに問題が発生するようなので、1つの証言だけでは問題が修正されたと結論づけるには不十分です

MacOS Big Sur Safari 00003

また、アップル社のブラウザ『Safari Technology Preview』(ベータ版)も、まったく影響を受けていないようです

そのバージョン番号である14.1は、これがより意味のあるアップデートであることを示しているようです、それに比べて、Big Sur 11.1にはSafari 14.0.2が同梱されており、Big Sur 11.2にはSafari 14.0.3がインストールされています

現在、macOS big Sur 11.2 RC 3が開発者にはリリースされていて、ここ数日で正式版がリリースされると思われます、私もこのバージョンを期待して待っているところです

正式バージョンがリリースされたら改めてレポートしたいと思います

(Via macGeneration.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)