Safariが他のブラウザからのWeb拡張機能を間もなくサポート

Safariが他のブラウザからのWeb拡張機能を間もなくサポート

macOS Big Surでは、SafariがサポートするWeb拡張機能の種類が増え、Appleは他のブラウザから既存の拡張機能を簡単に移植できるようにします

Safariはすでに拡張機能をサポートしていますが、Google ChromeやFirefoxなどのブラウザと比べると、その数は多くありません、macOS Big Surで、AppleはSafariで拡張機能の追加サポートを紹介しています

WWDCの開発者セッションで、AppleはSafari Web Extensionsと呼ばれるものを発表しました

基本的に、ブラウザはChromeやFirefoxで使用されているものと同様の拡張機能APIを採用することになります

これがMacユーザーにとって何を意味するかというと、Safariがサポートするエクステンションの範囲が格段に広がるということです

これまでのSafariでは、共有エクステンションかコンテンツブロッカーのみが許可されていましたが、今後は、Safari Web Extensionsがサポートされるようになります

今後は、Safari Web Extensionsによって、開発者がJavaScript、HTML、CSSなどのテクノロジーを使って便利なアドオンを簡単にコーディングできるようになります

スポンサーリンク


Appleは、Firefoxのようなブラウザとは少し異なるアプローチを取っています

Safari Web Extensionsはネイティブアプリと一緒にパッケージ化される予定です、ただし、アプリ自体は単にプレースホルダにしてApp Storeでの承認を容易にすることができます

同社はまた、拡張機能の作成者が既存のブラウザアドオンをSafariに移植するのを容易にするXcode 12のツールを出荷しています

拡張機能の改善に加えて、AppleはmacOS Big SurのSafariのデザイン、パフォーマンス、プライバシーも強化しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)