新しいSafari APIは、WebサイトのFace IDとTouch ID認証を可能に

新しいSafari APIは、WebサイトのFace IDとTouch ID認証を可能に

Appleは水曜のWWDCプレゼンテーションで、開発者がウェブ用にFace IDとTouch ID認証を統合し、一般的なテキストベースのログインを置き換えることができる新しいSafari機能の詳細を説明しました

現在、iPhoneとMacのユーザーは、互換性のあるiOSアプリでFace IDとTouch IDを使って自分のIDを認証できます

通常、最初のログイン後に2段階認証が必要になる可能性があります

同じ機能が、「Web Authentication」と呼ばれる新しいAPIでSafariにも搭載されます

アプリプロセスと同様に、今後のSafari機能を使用すると、ユーザーは、ユーザー名、パスワード、および必要に応じて2要素の資格情報を入力する旧式のログイン後に、Face IDおよびTouch ID認証を有効にできます

Webサイトの所有者は、次にサイトにアクセスしたときにデフォルトで生体認証を行うようにユーザーに促すポップアップ通知を表示するように選択できます

スポンサーリンク


Appleが発表した「Meet Face ID and Touch ID for the web」で詳しく説明されているように、Web認証APIは、合理化されたログイン体験を提供するだけでなく、セキュリティも向上させています

この規格は、公開された認証情報をWebサイトとそれを作成した認証機能に制限しているため、フィッシングに強く、ユーザーはその認証情報を第三者と共有することができないということです

Appleは、開発者に本日からこの機能のテストを開始するよう求め、フィードバックアシスタントプラットフォームを通じてバグや問題点についてフィードバックを提供するよう促しています

Web用のFace IDとTouch IDは、今年後半にロールアウトされる予定です

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)